ワクチン・予防接種

ワクチンで防ぐ病気

子犬子猫の場合は、混合ワクチンを基本的には3回打つことを推奨しています。その後は年に1回の予防接種を受けていただきます。
狂犬病予防は90日齢以上の子は必ず接種が必要です。

予防接種で防げる病気もたくさんあります。ワクチンを接種しておけば、感染しても、軽症で済む可能性は高くなります。子犬や子猫から大人のペットまで、予防接種の種類や受け方など、わからないことはご相談ください。

ワクチン接種で防げる病気

  • 犬の病気

    • 犬ジステンパー
    • 犬伝染性肝炎(アデノウイルス1型)/アデノウイルス2型感染症
    • 犬パラインフルエンザ感染症
    • パルボウイルス性腸炎
    • 犬レプトスピラ感染症(カニコーラ、イクテロヘモラジー)
    • 犬コロナウイルス感染症
    • 狂犬病
  • 猫の病気

    • 猫ウイルス性鼻気管炎
    • 猫カリシウイルス感染症
    • 猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)
    • 猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
    • クラミジア感染症

どの病気も食欲減退や、鼻水、咳、下痢、嘔吐など様々な症状が現れ、最悪の場合、死に至ります。
また室内で飼っているから大丈夫…という方も散歩で犬同士によって拡大してしまうものもありますし、猫も多頭飼いの場合は猫同士で感染することもあります。
早期発見・早期治療で完治する病気もあります。

ATTENTIONワクチン証明書が必要な方はお申し出下さい。料金はかかりません。

ダニ・ノミ予防

※予防方法はスポットタイプと経口タイプがあります。

ダニは、ペットだけではなく飼い主である人間にも感染症を引き起こします。かゆみや水疱などの皮膚症状だけではなく、じんましんやくしゃみ、発熱などのアレルギー症状を引き起こすことがあります。成虫・幼虫・卵・死骸の全てがアレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)となりますので、予防や早めの駆除をこころがけましょう。

推奨期間:4月~12月まで

フィラリアの予防と同時にダニ・ノミの予防ができるお薬もございます。
薬は直接身体に滴下し、ノミ・ダニの成虫の駆除などができる液体タイプのほかに、飲ませて予防できるフードタイプもご用意しています。
ノミやダニは人間にも害を与えますし、病気を媒介することもあります。わんちゃんやねこちゃんだけでなく、ご家族みなさまの健康のために予防はとても重要です。

 

ノミ・マダニ予防スポット剤比較表

お薬の比較 スポット剤タイプ フレーバー錠タイプ 少量スポット剤タイプ
(フィラリアも同時に予防)
こんな子にオススメ 散歩で草むらに入っていく元気な犬猫 スポット剤が苦手な犬猫 フィラリアも同時に予防したい方

フィラリア予防

フィラリアは蚊が出てくる季節がポイント。感染してしまっては深刻な全身症状を起こし、元気がない・食欲がなくなるなどの初期症状から、咳、腹水、貧血、失神などの症状に進行し、死亡率がとても高い病気です。

フィラリアのお薬の種類

当院では錠剤・散剤・チュアブル・シロップ(月1回)、注射(1年1回)の種類のお薬をご用意しています。
また、ノミダニ予防薬と一緒になったタイプもございます。
処方の際は感染しているかどうかの検査もしております。
※薬を飲む前に必ず検査をし、処方しています。

  • 小林動物病院 kobayashi animal hospital小林動物病院 kobayashi animal hospital
  • お気軽にお問い合わせください 0463-32-6633 受付時間 9:00~12:00 14:00~19:00
    bottom_spimg02.png
  • アニコム損害保険株式会社アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社アイペット損害保険株式会社
  • スタッフ募集 Recruitスタッフ募集 Recruit
お気軽にお電話ください 0463-32-6633